スマイル22

いつもスマイルで!

*

資生堂パーラー 東京駅限定のお菓子 お土産を販売の東京駅店舗の場所

   

tokyogentei1

東京土産や帰省土産に資生堂パーラーのお菓子はどうかな~?とお考えなら、資生堂パーラーの東京駅だけで販売されている限定のお菓子のお土産はいかがですか?

 

東京駅の限定商品なのでスペシャル感があります☆☆☆

 

東京駅限定の資生堂パーラーのお菓子は、

●東京ラ・ガナシュ

●東京カリーウィッチ

の2種類。

 

どちらも個別包装で入数の種類も多く、買いやすい価格も魅力。

 

職場などで配るのにぴったりだと思います。
また、賞味期限も長いので安心です。

 

「東京ラ・ガナシュ」「東京カリーウィッチ」はそれぞれ別の東京駅の資生堂パーラー2店舗で販売されているので、その2店舗を地図も一緒にご案内します☆

スポンサーリンク

「東京ラ・ガナシュ」限定商品 …八重洲ショップ(駅ソト)

tokyogentei2

東京ラ・ガナシュの価格は、6個入540円/16個入1,188円。

東京駅の八重洲の東京駅一番街 B1F、資生堂パーラー「八重洲ショップ」で販売されています。

資生堂パーラー 八重洲ショップ

・住所    東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F
・電話    03-3240-0121
・営業時間  ショップ 9:00~20:00 カフェ 9:30~20:00 (L.O.19:30)
・定休日  年中無休
・賞味期限 120日

・グーグルマップ

・東京駅一番街B1F フロアマップ
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/floor_map

リンク先は全体のフロアマップが表示されるのでB1へ移動し、さらに地図上の右手に移動。
マップ上のピンクの27番が資生堂パーラーです。

口どけの良いチョコレートにクッキークランチを加え、 香り高いチョコレートとサクサクとした食感のクランチで包んだ、 ひと口サイズのリッチなチョコレートです。 甘さに奥行きのあるビターチョコレートの“ノワール”と東京駅限定フレーバーのやさしい甘さのホワイトチョコレートとコーヒーチョコレートの“コーヒーミルク”の2種類の詰め合わせ。 東京駅の駅舎をイメージしたシックなデザインのパッケージで、 東京土産にもぴったりなアイテムです。~資生堂パーラー プレスリリースより引用

パッケージも高級感があり、東京土産にぴったりではないかと思います。

 

なお、東京ラ・ガナシュは以下の2種類の詰め合わせになっています。

・深い味わいのビターチョコレートの「ノワール」
・優しい甘さのホワイトチョコレートとコーヒーチョコレートの「コーヒーミルク」

 

スポンサーリンク

 

「東京カリーウィッチ」限定商品 …エキュート東京店(駅ナカ)

tokyogentei3

東京カリーウィッチの価格は5枚入594円/10枚入1,080円/16枚入1,620円。

 

JR東日本東京駅構内1F サウスコート内「エキュート東京」の資生堂パーラーエキュート東京店で販売されています。

 

資生堂パーラー エキュート東京店

・住所  東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内1F サウスコート内「エキュート東京」
・電話番号  03-3215-5570
・営業時間  月~土/8:00~22:00  日・祝/8:00~21:30
・賞味期限 120日

・グーグルマップ

・eキュート東京フロアーマップ
https://www.ecute.jp/tokyo/shop/floormap

昭和3年開業当時から続く資生堂パーラーの看板メニュー「カリーライス」。このカレーをイメージしたサクサクの生地にチーズクリームをサンドしました。チーズの味わいに合うよう、秘伝のカレー粉にさらに数種のスパイスとパセリ・赤パプリカを合わせ、生地を薄く香ばしく焼き上げています。パリっとした食感、スパイスの刺激にチーズのまろやかさが絶妙なハーモニーを奏で、ビールや白ワインとあわせておつまみとしても、ミルクとあわせて3時のおやつとしても楽しめます。日本ならではの洋食メニューがベースのお菓子は海外の方にもおすすめです。~資生堂パーラー プレスリリースより引用

 

お土産を選ぶのは旅行の一つの楽しみでもあるのですが、パパっと決めてしまいたい という人もいれば、サクっと買いたいという場合もありますよね。

 

東京のお土産のお菓子を東京駅付近で選ぼうとすると、あまりに種類が多すぎて、お店も多すぎて迷いに迷い、くたくたになってしまいます。
人もとっても多くて疲れます…。

 

疲れたあげくに選んだお土産だけど「う~ん。。これでよかったかな~」なんて思うことも時にあります。

 

そんな不安がある場合、前もってある程度決めておくとスムーズにすすめられるのではないかなと思います。

 

上記の2店舗のある付近には、他にもいろいろとお土産の店舗があるので、東京駅限定の資生堂パーラーのお菓子にするとまず決めて、それから時間や体力に余裕があれば他のお店も少し覗いてみる…という感じに決めておけば、あせって選ぶこともなくなり、疲労感が少ないかも と思います。

 

私自身もお土産を選ぶのはちょっと苦手なので…喜んでいただけるお土産を、苦労なく購入できるお手伝いとなれば幸いです♪

 

スポンサーリンク

 - 未分類 , ,