スマイル22

いつもスマイルで!

*

宇佐美貴史がガンバ大阪に復帰!背番号・チャントは?最短の出場試合はいつ?対戦相手は?

   

01

宇佐美貴史、ガンバ大阪に復帰のニュースに驚きました。

 

ガンバ愛溢れる宇佐美貴史。

Jリーグでも屈指の存在感を誇る宇佐美が復帰となると、ガンバ大阪の盛り返しに大きく期待がかかるとともに、今シーズン残りのリーグ戦の盛り上がりも必定。

なんといっても目が離せない注目選手ですね!

 

ということで今回は宇佐美貴史のガンバ大阪復帰に関する疑問

  • 復帰は何年ぶりなのか?
  • ガンバ大阪での背番号は何番をつけるのか?
  • チャントは?
  • 復帰後、最短の出場試合出場デビューはいつなのか?TV放送はあるのか?

について調べました!

スポンサーリンク

宇佐美貴史のガンバ大阪復帰は何年ぶり?

宇佐美の今回の復帰は3年ぶりとなります。

2016年6月25日、ドイツ・アウクスブルク移籍前の最後の試合となったのは、2016年J1 第17節名古屋グランパス戦です。

試合終了後に移籍セレモニーが行われました。
●宇佐美貴史アウクスブルク移籍前最後のゴール裏サポへの挨拶

宇佐美は過去2度、ガンバ大阪から海外リーグへ移籍しています。

↑ の動画は2度目の海外移籍時のものです。

 

2011年 1度目の海外移籍

・2011年6月 ドイツ ブンデスリーガの名門 バイエルン・ミュンヘン
(完全移籍のオプション付きの1年間の期限付き移籍)

↓ (出場機会が少なく、完全移籍のオプションが行使されなかった)

・2012年5月 ドイツ ブンデスリーガ TSG1899ホッフェンハイム
(完全移籍のオプション付きの1年間の期限付き移籍)

↓ (クラブの極度の成績不振、監督交代などにより出番が減少)

・2013年4月 2012~13シーズンでホッフェンハイムを退団

・2013年6月18日よりガンバ大阪に復帰

 

2016年 2度目の海外移籍

・2016年6月 ブンデスリーガ FCアウクスブルクへ完全移籍

・2017年8月 フォルトゥナ・デュッセルドルフへ期限付き移籍

・2018年8月 アウグスブルクと2021年までの契約延長、デュッセルドルフへ再び期限付き移籍

・2019年6月24日 ガンバ大阪に完全移籍

 

ガンバ大阪での宇佐美の背番号・チャント

これまで宇佐美と言えば「39」番と認識していたのですが、

今回の宇佐美貴史選手の背番号はプロ一年目と同じく33番です。

強い思いがこもっている気がしますね!

 

 

♪宇佐美貴史チャント【ガンバ大阪】【日本代表】

ガンバサポはこのチャントを再び歌える喜びでいっぱいですね~

 

♪チャント 歌詞

オー宇佐美貴史 オー宇佐美貴史
宇佐美貴史Goal 宇佐美貴史Goal 宇佐美貴史

 

復帰後、最短の出場試合はいつ?対戦チームはどこ?TV放送はある?

宇佐美選手、ガンバ大阪に復帰後 最短の出場試合は、

7月20日(土)18:00~

アウェー名古屋グランパス戦
豊田スタジアム

です。

NHK BS1で毎節1試合中継があるので期待したのですが、残念ながら↑この試合のTV放送はありません。

(7月20日 BS1では清水×FC東京が放送されます)

ですので、ガンバ大阪×名古屋グランパスの対戦はDAZNでご覧ください。

 

 

ちなみに宇佐美が2016年に海外移籍前最後の試合ということで移籍セレモニーを行った時の対戦相手も名古屋。

そして今回の復帰後初の試合も名古屋。

…名古屋グランパスとはなにか縁があるのでしょうか 笑。

ちなみに↑この時の試合結果・勝敗は、3-3の引き分けでしたが、今回はどうなるのか?

名古屋も当時のメンバーとはまったく顔ぶれが違い、まるで別のチームとなっているので宇佐美選手にはすごく新鮮でしょうね~

 

まとめ

今回は宇佐美貴史のガンバ大阪への復帰時の疑問について調べてみた結果、

  • ガンバ大阪への復帰は2016年以来の3年ぶり
  • 宇佐美の背番号は33番
  • チャント動画
  • 最短の出場試合は7月20日の名古屋戦

ということがわかりました。

 

海外移籍をすでに2度経験している宇佐美選手の年齢はまだ27歳。

宇佐美の豊富な経験はガンバのみならず日本代表にも生かされることでしょうね。

活躍を期待しています!

 

スポンサーリンク

 - サッカー , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>